気軽に走行できる電動キックボード。場所もとらず、電気で道路を走ることができます。

アメリカやヨーロッパなどでは、「超小型モビリティー」のサービスが盛んで、数年前から電動キックボードのシェアリングサービスが人気です。アメリカではe-scooterと呼ばれており、

日本でも、近年電動キックボードのシェアリングサービスが話題となっています。
超小型モビリティなどに対応した新たな交通ルールが検討されており、より一層気軽に利用しやすくなることが期待ができます。

通常は、公園などの限られた敷地内でしか走行できないキックボードですが、
実際に公道を走れる電動キックボードも登場しています。

公道を走行できる電動キックボードをご紹介します。

公道を走れる電動キックボード

【COSWHEEL EV SCOOTER】


オススメポイント

1、公道走行できる
 原付バイクと同様ナンバープレートを取得して公道を走行することができます。

2、2WAY乗り(立ち乗り & 座り乗り)
 長距離の場合はサドルをつけて乗ることができるので乗り心地も快適です

3、低コスト
1回の走行距離は約35kmで電気代は約13円!

COSWHEEL EV SCOOTER 
充電時間約5h
走行可能距離35km
最大速度40km
最大登坂角度約20°
制限重量100kg
展開時サイズ110cm × 70cm(ハンドル部のみ) × 115cm
収納時サイズ110cm × 70cm(ハンドル部のみ) × 47cm
総重量約22kg
防水IP54
安全性PL保険加入済み
公道走行にあたり・ナンバープレートの取得
・自賠責保険の加入が必要
特徴乗り方:2WAY
立ち乗り & 座り乗り
1回の充電で、
35km走行/電気代13円
スマートキーによる防犯機能装備
販売価格126,500円(税込)
URLhttps://coswheelevscooter.jp/

公式サイト→

革新的な折りたたみEVスクーター【COSWHEEL EV SCOOTER】

電動キックボードのシェアサービス

scooter
Image by Miloslav Hamřík from Pixabay

LUUP

LUUP

mobbyride

福岡市天神エリア周辺でヘルメットなしで公道を走行する実証が開始されました。

mobbyride

参考:電動キックボードのシェアリングサービスmobbyが、政府の認定を受け福岡市天神エリアを中心に「ノーヘル」での公道実証を開始

movicle

movicle

EXx

exx

気になる交通ルール

電動キックボードが利用可能となる交通ルールについて知っておきましょう!

日本の公道では、免許やヘルメットが必要とされている電動キックボードですが、新しい交通ルールが検討されています。

電動キックボードの公道での走行に対する交通

2021年4月15日(木)、警察庁の有識者会議「多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会」で、電動キックボードなどの新モビリティや、無人走行ロボットなどの交通ルール案を取りまとめた中間報告書を公表しました。

*多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会 中間報告書

現状、個人で購入した電動キックボードで公道を走る際、免許必須でナンバープレートを取得し、ヘルメットを着用する必要がありますので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これから、新たな電動小型モビリティの増加で交通ルールも検討も進み、日本でも一般的に利用出来る期待が高まります。

すでに様々な電動キックボードのブランドが登場しています。電動キックボードを使えばさらに快適に移動できること間違いありません。交通ルールを守って快適な移動を楽しみましょう。